“悪評もまた評なり”をCMで表現する⁉

いかに印象に残すか

企業のWEBサイトに掲載するPR動画に比べて、テレビで放送されるCMは費用も掛かるし時間も限られているなど制約の多い広告です。

旬の芸能人を利用して特定のファンへ訴求することも1つの手ですが、やはり視聴者の印象に残ってくれないとCMを流す意味がありませんよね。

そこで今回は「悪評もまた評なり」という手を上手に活用している動画を紹介します。

インターネット上で大騒ぎ

わざわざ補足する必要はないかもしれませんが、このCMの公開当時インターネット上でものすごく話題になりました。
もちろん批判的なものも多かったわけです。

ただしyoutubeでは「【2015】CM集 “何故か不快なCM集めました!」という動画集にもまとめられたりして、制作側が想像していた以上に多くの方へ拡散されたのも事実です。

「気持ち悪い」を怖がらない!

印象に残りたいから…といって誰かを傷つけたり、迷惑をかけることは許されませんが、この動画ではちょっとだけ「気持ち悪いな」と思うくらいで道徳的に許されないことは何もありません。

foreigner001

短い動画でいかにインパクトを残すか。

必ずしも高いギャランティを払って芸能人をキャスティングする必要はない、ということを痛感させてくれるCMでした!

[